日曜日に不妊治療の勉強会へ行ってきました。

正しい知識をもって治療に当たることを意識しております。

良質な治療を提供できるようにしていきます!



写真 (9)

******************************
淡路島(あわじしま)の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
******************************
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2014.07.14 Mon l 学術 l コメント (0) トラックバック (0) l top
例えば、咳をいつまでもする方がいたとします。

その時、脈診ではどうなるのか?!

患者さんの右手の寸口(すんこう)に肺・大腸を診るところがあります。


myakushin.gif

図で確認できましたか??

ここに指を沈めたら強く脈を打っているのです。

肺に熱が停滞しているのです。

これが原因で咳をしています。

しかし、ここだけ治療しても葉を綺麗にしただけで根っこの治療が必要なのです。

どこからこの熱が波及してきたかを探っていくのです。

別の言い方をしましょう。

悪いやつの子分が肺の熱で、親分がどこかに隠れているのです。

親分を倒さないと、また子分を使って悪さをします。

悪の根源から絶つ必要があるのです。

患者さんの左手の尺中(しゃくちゅう)の脈が弱いのを見つけます。

図で確認できましたか??

これは腎が悪くて肺に熱が波及して咳をしているのだな・・・と根っこの治療をするのです。

腎のツボは足にあります。

そこに鍼をすると肺の熱の停滞がとれるのです。

今回は少し難しかったかもしれませんが、こんな感じで治療しています!




*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2013.10.08 Tue l 学術 l コメント (0) トラックバック (0) l top
治療中は脈を診ます。

脈診はいろいろなやり方があり、それらを組合わせて治療をしております。

基本的な脈の見方から。

これは六部定位脈診といってオーソドックスな脈法です。


myakushin.gif


患者さんの左手に人さし指をおいたところで心・小腸の状態を診てます。

同じく中指では肝・胆の状態を診ます。

薬指では腎・膀胱。

右手の人さし指では肺・大腸。

中指では脾・胃。

薬指では心包・三焦。

このように指で脈を感じながらどこが悪いのかを探しているのです。

病院で脈を診るとのは全く違うやり方です。

例えば、のぼせている方は人さし指が強く感じるとか、

腰痛の方は薬指の脈が弱いとか(とても簡略化して書いてます)。

今日はこのあたりで!!
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2013.10.07 Mon l 学術 l コメント (0) トラックバック (0) l top
少しずつ寒くなってきました。

東洋医学では、風寒邪は背中から入るとなっております。

風邪をひくと、後頭部や肩、頚、背中、腰などの後ろ側が痛くなるのです。

これを太陽病といってここから内部に進行していきます。

これは脈診や問診などをすればすぐにわかります。

この時点でうまく発汗させてあげると悪化せずにすみます。


*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2012.10.20 Sat l 学術 l コメント (0) トラックバック (0) l top
広告をみたら〈最新の治療法〉などとよく載っています。

伝統鍼灸に関しては全く逆になります。

過去に戻れば戻るほど真実になるのです。

世の中がどんどん最新に向かっているのですが、伝統鍼灸は過去に戻って検証しているのです。

新しい器具で体を刺激して強制的に治すのではありません。

脈を診て体の状態を把握して気を感じながら鍼を打ちます。

そうすることで自分が持っている本来の生命力を優しくバックアップするのです。


人間本来の生命力で治るのです。


写真 (42)
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2012.10.06 Sat l 学術 l コメント (0) トラックバック (0) l top