ここ最近多いです。

原因はいろいろありますが耳を通る少陽胆経(しょうようたんけい)の気の巡りが悪いパターンが多いです。
いずれのケースも脈診(みゃくしん)を中心に判断します。
当院でよくあるパターンを4つ上げてみました(その他にもあります)。
簡単に説明させてもらいます。

(パターン1)
仕事などで気を使いすぎて陽虚(ようきょ)になっている。
陽虚とは熱エネルギーが無くなって機能が低下している状態。
このような時は気血を補う治療をして熱エネルギーを産出できる体にしていき機能低下という冬眠状態から脱しないといけない。

(パターン2)
陽虚とは真逆で陰虚(いんきょ)のために熱が発生して内部に入り込んでしまい少陽胆経に気が巡らないことがある。
このような時は津液(しんえき)という体液を補う治療をして体をクールダウンさせる必要がある。
そうすることで内部に入り込んだ熱が表面にも浮いてきて少陽胆経に気が巡り始める。

(パターン3)
陰虚のために熱が頭や胸に昇ってしまっている時がある。
これも津液を補う治療をして熱を引き下げる治療をする。

(パターン4)
ストレスや風邪などで肝の気の巡りが悪くなってその影響から少陽胆経の流れが悪くなる。

まとめると耳をめぐる少陽胆経の流れを良くします。

何度も書きますがこれだけではありません。


tanke.gif


*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2018.04.21 Sat l 症例 頭 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/436-9eeac114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)