(プライバシーのため少し変更してます)

フワフワとのぼせる方

顔に熱感を感じる。

脈診)左) 寸、関、尺ともに沈んで弱  
      特に関(肝)、尺(腎)が虚
    右)やや浮でやや弦

腹診)虚弱ではない。胃に少し硬さあり。

問診)月経の遅れなど

まず左脈が弱すぎる。血の不足は確実にある。

肝虚証であるのは間違いない。

栄血の不足か津液(しんえき)の不足か・・・を悩む。

栄血の不足でも冷えてのぼせる。体の内部が冷えて、顏が熱を帯びるような陰陽が離れるような症状。
厥陰病(けついんびょう)だ。

津液の不足でも体が火照るが、生理が早くなることもある。

臨床は教科書通りいかないことが多々ある。

トータルでみて熱>冷として津液不足として鍼をする。

しかし熱でもかぎりなく冷えに近い熱である。

肝経の合水穴である曲泉、陰谷の左側を使用。

女性だから右というのは違う。その日によってツボの適応側は変わる。

その場で顔の熱感が軽減。

脈をみると肝と腎の脈が出てきている。

肝の発散作用がよく働いて胆経にも気が巡るようになってきている。

ふらつきも軽減。

肩こりをとって終了。







*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2017.09.26 Tue l 症例 頭 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/415-5216b47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)