鍼を置鍼(ちしん)しないのですか??と聞かれた方がいました。
それも1人ではなく続けて聞かれました。
置鍼とは鍼を刺したままで10分ほど置いておくことです。
当院でも置鍼している方はいます。
この置鍼というのは鍼を刺したままで体におまかせしているのです。
体が自動調節しているということです。
そのほうが効果的な方がいます。
しかし、痛みや症状が強い人には置鍼で体におまかせではなく、「ここは効かせたい!」など自分の意思をもって1本ずつ鍼を刺しております。

season01_03.jpg




*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2017.05.09 Tue l 鍼灸について l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/388-bfa2cd53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)