半月板の手術をして、しばらくしてから右膝が痛む方。

病院ではタナ障害と診断。

踏み込むと痛む。

1年ほど他の治療をしていたらしいが軽減しなかった・・・・とのこと。

これも「足の陽明胃経(あしのようめいいけい)」の病変でした。

痛む右側ではなく、左の手足を使って治療をすることで右の陽明胃経の流れが良くなる。


1315419659004777400.jpg



腰のツボ1穴のみを使って右膝を緩める。

膝まわりは鍼を1穴、お灸1壮のみ。

治療後に屈伸をしてもらうと治療前より痛みが軽減している。

週1~2回のペースで3週間の治療で10→5まで軽減しました。

このまま治療を続けます!


*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2017.02.20 Mon l 症例 足 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/368-b00e294e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)