病気になるのは自分の体に弱りができることで発症します。

例えば元気な時は風邪の人が近くにいてもうつらないのに、疲れている時にはうつってしまうとか。

自分の体に弱りができる原因はさまざまあります。

感情がすぎたら体が弱ることも東洋医学では説いています。これは内から起こる原因なので「内因」と言います。

怒りすぎたら「肝」を痛める。

喜びすぎたら「心」を痛める。

物思いにふけり過ぎると「脾(胃腸)」を痛める。

憂い、嘆き、悲しみが強いと「肺」を痛める。

恐れ、驚きがありすぎると「腎」を痛める。


例えば、常に怒っている人は肝の病気になりやすいのです。

仕事などでも「くそ~~負けるか!(これも怒りの感情)」という負けず嫌いも程度を過ぎれば病気になります。

病気になる方は程度が過ぎているのですが、今までそれが当たり前だったので自分では普通と思っています。

休憩、リラックスをすることも大切です。

original.jpeg



******************************
淡路島(あわじしま)の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
******************************


*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2016.05.26 Thu l 鍼灸について l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/331-5a11b959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)