このような患者さんが来られました。
二年間あらゆる病院に行くが原因不明。
最後は心療内科を紹介されたとのこと。
一回目の治療。
複雑すぎて病理が把握できない。
脈診に従い脾虚腎虚で治療。
二回目の治療。
あまり症状が変わらない。
ただ舌が少し伸びている。一回目の診断では舌が伸びなかった。
病理が明確になる。
脾虚相克実(いわゆる脾虚肝実症)。
三回目。
唸り声が無くなる。
歩き方がスムーズになり、溢れていた唾が無くなっている。
これは治る!!
病理は下の図の通り。
手足が冷え、力が入らないのは内部に熱が凝縮して手足に充分な陽気が巡らないためです。
この病は東洋医学では原因は明確です!

*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2016.01.29 Fri l 臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/309-5c7ea954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)