30代女性、主婦

高温期 36度台後半   低温期 36度台前半

約3カ月治療しました。

その間に排卵がありました。

初診時の証は肝虚証(かんきょしょう)。

東洋医学で肝(かん)は子宮や卵巣と密接に関係しています。

肝虚(かんきょ)をベースに治療をすすめ、子宮のツボに鍼やお灸をしていきました。

治療開始2カ月ぐらいして「排卵ありました!」と言われた笑顔が忘れられません。

それからは顔がイキイキしていました。

東洋医学では望診(ぼうしん)といって顔相や声、におい、雰囲気などを察する方法があります。

明らかに変化がでてきました。

体が元気になれば気持ちも元気になります!


******************************
淡路島(あわじしま)の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
******************************


*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2014.12.25 Thu l 臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/275-e769fd75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)