このような疑問を持たれている方も多いかもしれません。

結論から言うと両方です。

鍼灸治療は本治(ほんち)治療と標治(ひょうち)治療があります。

本治とは字の通り本当に治すことです。

これは植物で例えると根っこになります。

根っこがしっかりすると幹や葉っぱまで良くなりますが少し時間がかかることがあります。

標治を例えると葉っぱです。

枯れた葉っぱを取り除いていくのですぐに効果がでます。

しかし、根っこが腐っていたら葉っぱもまたすぐに枯れてきます。

例えば、顔に吹き出物が出ているからといっていくら顔に鍼をしても葉っぱの治療なのでしばらくしたらまた出てきます。

根っこを治療しないといけないのです。

根っこのツボは手足に多くありますので、頭痛がするのに頭に直接鍼をしないし、頚が痛いけど頚に直接鍼をしないのです(葉っぱの治療としては直接鍼をします)。

ne1.jpg


*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2014.06.06 Fri l 臨床 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

先生のブログ鍼のことが簡単に分かるように書いて下さってるので勉強になります(*^o^*)イメージがしやすくてためになります!!また色々教えて下さいm(_ _)m
2014.06.08 Sun l リンゴ. URL l 編集
Re: タイトルなし
ありがとうございます!
2014.06.16 Mon l よしざえもん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/241-912bf7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)