治療中は脈を診ます。

脈診はいろいろなやり方があり、それらを組合わせて治療をしております。

基本的な脈の見方から。

これは六部定位脈診といってオーソドックスな脈法です。


myakushin.gif


患者さんの左手に人さし指をおいたところで心・小腸の状態を診てます。

同じく中指では肝・胆の状態を診ます。

薬指では腎・膀胱。

右手の人さし指では肺・大腸。

中指では脾・胃。

薬指では心包・三焦。

このように指で脈を感じながらどこが悪いのかを探しているのです。

病院で脈を診るとのは全く違うやり方です。

例えば、のぼせている方は人さし指が強く感じるとか、

腰痛の方は薬指の脈が弱いとか(とても簡略化して書いてます)。

今日はこのあたりで!!
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2013.10.07 Mon l 学術 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://haritookyuu.blog102.fc2.com/tb.php/204-df6d256c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)