先日の伝統鍼灸学会でこの脈法の発表があったので行ってきました。

脈診は浮沈の状態で診るのですが、この脈法は内外で診ます。

もともとは李時珍という方が奇経八脈考という本に書いていて、奈良の藤本和風先生が使っていたそうで私はそのやり方を学びました。

臨床を初めた頃はこの脈法を使ってました。

最近は他の脈法を中心に使っていますが、またこの脈法も用いて臨床していけたら・・・・と思っています。

kikou.jpg





*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2018.11.27 Tue l 学術 l コメント (0) トラックバック (0) l top