70代 女性 左足のすねあたりにしびれと痛み、違和感を感じる。

病院で処方された痛み止めも効かない。

脊柱管やヘルニアもスムーズに治る方もいるし、少し大変な方もおられます。

この方は正直にいうと最初はとても大変でした。

脊柱管狭窄症の発作という表現になりますが、じっとしていても痛い、しびれる、、、など強い症状がでていました。

脊柱管でもたまにこのような激しい発作みたいな感じの方がおられます。

御本人様もパニックになっておられます。

先に結論から言いますと、この方は発作状態でありながら信じて治療してくれたので現在は10→2まで軽減してます。

脈診をすると脈がとても激しい。

相当痛いのでしょう。

肝虚証で治療して腰部にも治療をしました。

しかし、なかなか症状が治まらない、、、、

何度か治療しましたが一進一退だったので方法を変えました。

ここでは詳しく公開できませんが東洋医学を駆使しました。

現在では家族と一緒に外出しても痛みがほとんど気にならない程度になってます。



*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2019.03.23 Sat l 症例 腰 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ずっと背中が痛くて骨の奥の方が痛いという方。
この方は督脉(とくみゃく)という背骨を通る経絡(けいらく)に異常がありました。

どう判断したかと言えば脈診(みゃくしん)です。

もちろん背中にも数箇所鍼をしましたが、決め手は足にあるツボです。
足のツボに鍼をすると「あー楽になった」とおっしゃってました。

それも両方の足に刺しません。
片方のみです。
両方に鍼を刺すと効き目は半減します。

よく鍼灸では男は左側、女は右側に刺すと言います。

あるいは病証のでている反対側に刺すとも言います。

他では六部定位(ろくぶじょうい)の配列側に刺すなどもあります(例えば肺なら右など)。

そのようなこともあれば、全然違うこともあります。

その通りにやっていても治療効果が上がらないこともあります。

日によって、場合によっては時間で変化していきます。

体は一定ではなく変化しながら動いています。

433076811_2b91c6b583.jpg
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2017.01.25 Wed l 症例 腰 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10年ぐらい前から腰と腰回り全体、足膝周辺が痛い方。

何をしても何とも言えない痛みがあるとのこと。

10年間、整体に通年通って、接骨院にも数年通ってきたらしい。

鍼灸院を訪れる方の大半がそのようなパターンです。

最初は鍼を刺してもらうより揉んでもらうほうが安全と考えるから当然ですね。
(*素晴らしい整体院、接骨院も多いです)



1回目の治療)
まず痛いところに手を当てると「熱い」。
肝虚で治療。
脈が浮いていたので津液を増やすためにも合水穴を選択。
腰に数本のみ治療

2回目)
前回治療後の翌日はひさびさに楽だったが、今は激痛。
前日に庭掃除したのが原因かも・・・・・と。
やはりまだ腰は熱い。
腎虚。
腰の炎症を抑えるために火穴を選択。
腰には数本のみ。

3回目)
嘘みたいに楽。
この10年で一番楽かもしれない・・・・と。
腰の熱さが軽減。
同じく腎虚。
腰には数本のみ。


最初は肝虚で治療したが、2回目、3回目は腎虚なのでおそらくこの方はおそらくヘルニアの可能性があります。
ヘルニアの時に反応するツボがあるのですが、きっちりと反応していました。
思ったよりも早く治りそうです。
17850-19.jpg



******************************
淡路島(あわじしま)の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
******************************


*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2016.11.26 Sat l 症例 腰 l コメント (0) トラックバック (0) l top
椅子から立つときもつっぱりがある。少し長く立つとしびれる。一本足で立てない。
買い物や台所仕事もできないので極力控えている。

脊柱管狭窄症の疑いもあり。

長く寝たり、座ると違和感がでるので15分ほどで毎回治療する。

初診)
脈診、腹診など四診法の結果、肝虚肺虚の相剋調整。
鍼は刺さずに接触するのみで合水穴を使う。
腰にも1本のみ接触鍼(せっしょくしん)。

2回目)
4日後に2回目の治療。
四診法の結果、同じく肝虚肺虚。
前回と同様に本治治療で刺さない接触鍼をする。
腰の2箇所、1ミリもいれない程度に鍼を刺す。
腰に米粒の半分ほどのお灸を数箇所する。

3回目)
4日後に3回目。
かなり軽減して1本足で立てるようになった。
足へのしびれも軽減。
少し重いものを持てるようになったとのこと。
四診法の結果、またも肝虚肺虚。
今回からはほんの少しだけ本治治療で鍼を刺す。
他は前回と同じ。
治療間隔を少しあけて1週間にする。
重いものを持っているので生活に気を付けるようにアドバイス。

困り果てていた足へのしびれが3回で軽減したので良い結果なのでは・・・と思う。

Chrysanthemum_01.jpg

******************************
淡路島(あわじしま)の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
******************************



*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2016.09.06 Tue l 症例 腰 l コメント (0) トラックバック (0) l top