全力疾走の人が多すぎます 。
それは先日まで体調を崩していた自分にも他人事ではないです。
昔と違って現代の疲労は蓄積してきます。 
疲労蓄積が慢性疲労になったり、精神的に余裕がなくなるのです。
場合によれば気持ちが前向きにならずに鬱々としてきます。
そうなる前に鍼灸をオススメします。
何度か体調壊されている方にはこの言葉で伝わると思います。
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2018.11.14 Wed l ひとりごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
仕事を頑張りすぎたり、ストレスで健康を失った方は大勢います。
それは仕方ないと思います。
それを踏まえて未来を築けるようにサポートしていくのが東洋医学と思っております。
西洋医学、東洋医学の得意分野があります。
西洋医学は急性症状が得意です。
例えば心臓停止とか、交通事故とか、細菌性の肺炎感染とか、、
東洋医学の得意分野は自然治癒力を高めて自らで切り開く力です。
結構、自分の生命力って思っているより凄いです。
そのあたりはご相談して頂ければ幸いと思っています。
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2018.10.10 Wed l ひとりごと l コメント (0) トラックバック (0) l top

特定の方でなく今までの臨床で多いことなので書きます。

脈診をすると弱脈(じゃくみゃく)の人がいます。

ご本人に「疲れていますか?」と聞いても「そんなに・・・」とか「デスクワークなので・・」など言われます。

過労死やうつ病の方は肉体労働の方ばかりではなりません。

広告代理店勤務の高橋まつりさんが過労で自殺して労災認定されたことがありました。

本当の過労とは精神労働(脳疲労、ストレス)、デスクワークの長時間労働にも多いのです。

肉体労働の方の疲れはわかりやすいですが、この手の疲れはジワジワときて本人も気づかないうちに溜まってきます。

そして溜まりに溜まって体に現れた時は手遅れのことが多いです。

なぜならメンタルも一緒に病んでいるからです。

そこまでくるとまともな思考も働かずに、悪いことを考えてしまい負の出口のない迷路に入り込んでしまいます。

出現する病も普通ではないことがあります。

早く気づいて治療にきた方は早期に治りますが、ずっと気づかずに放っておいた方は治るのに期間がかかる方もいます。

怖いのは本人も疲労蓄積に気づかないところにあります。

体を壊す覚悟をもって仕事をされるならいいですが、長く生きて人生楽しむなら休息も必要じゃないでしょうか。


*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2018.10.04 Thu l ひとりごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
今宵は『金匱要略』を楽しみます。
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2016.02.12 Fri l ひとりごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
この時期になると「風邪ひいたのでキャンセルします」と言われる方がボチボチと・・・・・
しかし、常連さんは風邪ひいた時に治療に来ます。
鍼灸マニアですね。
東洋医学では風邪だけをひたすら述べた書物「傷寒論」があります。
鍼灸は免疫力を上げて「治る力」を高めます。
鍼灸治療をするとたまに少し熱が上がることもありますが発汗してすっきりと治ることが多いです。
治るとすぐに動けます。
何週間も風邪を引きっぱなしの方は風邪を引いた時の対処法を見直しませんか?!
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2016.02.02 Tue l ひとりごと l コメント (0) トラックバック (0) l top