湿気が多くなり、体のだるさ、重い痛みなど発生しやすい季節になりました。

鍼灸で体にたまった水毒を抜いていきましょう!
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2019.05.31 Fri l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
これは肝虚(かんきょ)からきている症状でした。

春になると悪化しているというのはまさに肝の病症です。

肝虚になると体の内部に風が起こります。

風が首を振らしていると東洋医学ではみます。

体内に風を起こさないように治療しました。

五行色体表を見ても「木」である肝には「春」「風」という言葉がありますね、面白いですよね!(青色のラインです)。






首振りの症状がほぼ毎日続いていました。ゲームをしている時やテレビを見ている時もずっと首振りが続いていました。


2年前の春から症状が出るようになりました。
2年前は春が一番ひどく、夏頃から少しましになっていましたが、完全に首振りの症状がなくなることはありませんでした。
今回、治療を開始してから、徐々に首振りがましになってきました。
首振りの回数が徐々に減っていき、現在は全く首振りをしないようになりました。
周囲の目も気にしていたので、症状がなくなり、本当に良かったと思います。
ありがとうございました。
*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2019.05.22 Wed l 症例 首 l コメント (0) トラックバック (0) l top
風邪をひいてから喉が腫れて首のまわりも固くなっている。

抗生剤を飲んでいます。

痛みと違和感と圧迫感が喉にあるとのこと。

首を触るととてもはれています。

脈やお腹を診せて頂き、肺虚心実証となりました。

これは難経に書いてある賊邪(ぞくじゃ)から起こっている病気です。

五行は木、火、土、金、水です。

火=心(心包)で金=肺になります。

火は金を溶かします。

火が強くなり、金が弱くなるので肺虚心実になります。

治療後は喉の腫れが触っても小さくなり、痛みも軽減しました。















*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2019.05.16 Thu l 呼吸器 症例 l コメント (0) トラックバック (0) l top
30代後半の男性。

1ヶ月近く腕に力が入らないという方。

背部に一本だけ鍼を刺しました。 

それもほとんど痛みを感じないぐらいに優しく。

え?先ほどより力が入ってきました、、、と驚かれていました。

鍼灸って凄い、、、と毎日治療しているのに感動できる瞬間です。




*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2019.05.12 Sun l 症例 腕 l コメント (0) トラックバック (0) l top
左肩と腕肘痛い方が来られました。

脈診をすると左脈が浮沈ともに渋っている。

うまく気が巡っていない状態です。

どこが原因になっているかを探っていくと脾虚(ひきょ)が原因で腕肩に気の巡りが悪くなっている。

脾とは胃腸のことを指します。

脾虚から肝にも影響している状態で脾と肝のバランスをとるように治療すると挙がらなかった腕が挙がり始めました。

肘あたりの痛みもとれたので終了しました。







*******************************************************
淡路島(あわじしま)、洲本市、淡路市、南あわじ市の鍼灸院 
洲本市物部1-9-11
吉澤鍼灸治療院
0799-22-3533
ホームページ http://www.hari-yoshi.com/
********************************************************
2019.05.01 Wed l 症例 腕 l コメント (0) トラックバック (0) l top